楽な仕事

団体職員の仕事は楽?辛い?気になる仕事内容をチェック!

投稿日:

楽で天国のような仕事だと聞くことがあるけれど、分かるようで分からないのが「団体職員」という仕事です。

「一般企業の会社員とは何が違うの?」「公務員ではないの?」など、意外と疑問点も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、団体職員の仕事に着目してご紹介します。

仕事内容や気になる年収とともに、楽なところ、辛いところを見ていきましょう。

そもそも団体職員とは何なのか

団体職員とは、ひとことで言えば「非営利団体で働く職員」のことです。

ここで言う団体とは、株式会社などの営利団体や公務員を除く組織で、営利活動を目的としていない点が大きな特徴です。

たとえば、独立行政法人、農業協同組合、商工会議所、国立大学法人、スポーツ振興協会、NPO法人などがあります。

公務員ではないものの、公共の福祉や国民のために存在している公共性の高さから、「みなし公務員」「準公務員」と呼ばれることもあります。

なので公務員に次いで人気の高い仕事と言われています。

団体職員の年収はさほど高くないけど、安定はしている。

団体職員は公務員に近いイメージで高年収だと思われがちですが、ごく一部の人(公務員からの天下り者や大規模団体、都市部組織の幹部など)を除き、実は年収はそれほど高いというわけではありません。

なぜなら、団体は営利活動を目的としておらず、国や自治体からの補助金、会費、寄付金などが主な収益源だからです。

気になる年収は団体の規模にもよりますが、正社員で300万円~500万円ほどが相場です。

非常勤採用も多いため、さらに低い年収でとどまるケースも多く見受けられます。

とはいえ、給与には公務員に準じた俸給表が用いられることが多く、年功序列的な賃金体系となっていることから、年収が大幅に下がるリスクは低く、安定的な収入が見込みやすいと言えるでしょう。

団体職員の仕事内容

団体での職種は一般企業と同じように、事務や営業、広報、受付などさまざまな仕事がありますが、全体的には事務系の職種が多い傾向にあります。

ただ、イベントを多く開催する団体であれば会場準備や案内など体を動かす仕事があったり、司会や打ち合わせなど人前で話をすることが多かったりと、団体ごとの特性もあります。

パソコン作業で1日が終わるとのイメージを持たれている方も多く、実際にそうした団体職員もいますが、団体によって必ずしもそうではない点には注意が必要です。

団体職員の求人に応募する際は、その団体がどんな仕事をメインで行ってるのかを確認する必要があります。

団体職員が楽だと感じる3つの点

団体職員は楽だと言われることが多いですが、それにはいくつか理由があります。

団体職員の仕事の楽なポイントをいくつかピックアップします。

1.抜群の安定性

団体運営は景気の影響を受けにくいことから、一般企業のように倒産しにくい、給与が下がりにくいなど、安定性の高さでは公務員に近いものがあります。

人事異動も少ないので、突然の全国転勤に悩まされることもほとんどありません。

変化を好まない安定志向の方にとってはかなり楽だと感じるのではないでしょうか。

2.精神的に楽

一般企業のように営利活動を目的としていないため、ノルマが課されることはほとんどありません。

すべての活動費を税金でまかなっているわけではありませんので、公務員ほど国民からのプレッシャーや批判を受けるといったことも少ないです。

精神的に楽なのでストレスなく仕事ができると言う人も多いです。

3.休みが取りやすい

団体職員の待遇は公務員に準じていますので、土日祝日休みが多い傾向にあります。

受付時間が決まっているためクライアントから緊急性の高い仕事を受ける機会は少なく、有給休暇も比較的取りやすい、残業もほぼないといった特徴もあります。

夕方までの勤務で平日夜の時間も有効活用することが可能なので、自分の好きなことに時間を割きやすい環境と言えるでしょう。

ただし、団体によっては週末にイベントが集中して準備に追われてサービス残業になるというケースもあります。

代替員がおらず有休が取りにくいという団体もありますので注意が必要です。

団体職員が辛いと感じる3つの点

楽だと言われている団体職員でも、当然ながら辛い点もあります。

後悔しないためにもしっかりチェックしておきましょう。

1.出世しにくい

団体職員で出世できるのは限られた人だけです。

というのも、団体幹部枠は天下りやコネを使って採用された人でほぼ埋まっており、一般職員が頑張ったから登用されるといったことは少ないからです。

成果主義、実力主義の民間企業とは大きく違う点ですので、出世意欲が高い方には向いていないと言えるでしょう。

2.就職しにくい

仕事内容ではありませんが、団体職員は非常に倍率が高く簡単に就ける仕事ではありません。

人気の事務仕事がメインで残業が少ない、安定していることから、団体職員は非常に人気が高いです。

採用試験も公務員に準じており、年齢制限や学歴要件、職務要件を設けていることもあります。

教養試験や作文、複数回の面接もおこなわれますので、内定を勝ち取るまでの道のりは長いです。

そもそも応募条件を満たしていないことがあるので、就職ハードルはやや高めの仕事になります。

3.志が高くないと辛く感じることも

楽だという理由で団体職員になった結果、仕事がつまらなく感じて辞めてしまう人はいます。

頑張った分が報酬となって返ってくるわけではなく、出世もしにくいとなれば、何のために仕事をしているのか疑問に感じてしまう瞬間があるようです。

公共の福祉のために働きたいという貢献意識が求められますが、そうでない人はモチベーションや向上心を高く保つことが難しく、毎日をダラダラと過ごしてしまうこともあります。

団体職員の求人はどこで見つけるか

団体職員の求人は、団体のHPで探すほか、ハローワークや転職サイト、転職エージェントでも見つけることができます。

特定の団体で働きたい方は団体のHPから直接応募すると手っ取り早いですが、とにかく団体職員として働きたい方には遠回りです。

ハローワークでも比較的求人はでていますし、転職エージェントを使えば希望の求人がでたタイミングで知らせてくれるため効率的です。

また、意外とあるのが、団体職員からの紹介です。

嫌になっても辞めにくいリスクがあるため手放しにおすすめはしませんが、知人に団体職員の関係者がいれば聞いてみてもいいかもしれません。

まとめ

団体職員はノルマやプレッシャー、残業が少なく、安定性の高い仕事です。

団体による違いが大きいため応募の際には慎重に見極める必要がありますが、楽な仕事を探している方は選択肢のひとつに入れてもいいでしょう。

自分の時間を確保したい方や、公共の福祉のために働きたい方にもおすすめですよ。

-楽な仕事

Copyright© 楽でゆるい仕事のススメ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.