楽な仕事

正社員で精神的に楽な仕事は存在するのか?楽な仕事の特徴や種類を紹介!

投稿日:

精神的に辛くて仕事を辞めたい、そんなふうに思う人は大勢います。

しかし、現代は精神的に辛い思いをしてまで働く必要はなく、多数の選択肢の中から仕事を選ぶことができます。

自分を精神的に追い込むことはやめて、楽な仕事を探してみるのも一つの手です。

正社員でも精神的に楽な仕事は存在しますよ。

今回は、正社員で精神的に楽な仕事の特徴や仕事の種類、探し方を紹介します。

正社員でも精神的に楽な仕事はある

正社員で楽な仕事はないと思ってる人が多いですが、そんなことはありません。

実際は正社員でも精神的に楽な仕事は存在するのです。

実際、精神的に辛い仕事から精神的に楽な仕事で転職した人は多数おり、精神的に楽な仕事が存在することが立証されています。

責任が少ないアルバイトに限ったことではなく、正社員であっても同様です。

なので「正社員だからといって楽な仕事は存在しない」という説は大間違いというわけです。

ただし、何をもって精神的に楽だと言えるかどうかは人によって異なります。

たとえば、同じ内容の仕事でも好きでたまらないと感じている人と、全く興味が持てずに嫌々その仕事に就いている人とでは、精神的な負担が大きく異なります。

自分にとって精神的に楽に感じるポイントがどこなのかを把握しておくことが重要です。

精神的に楽な仕事の特徴

精神的に楽に感じるポイントは人それぞれですが、どんな仕事が楽なのかを大まかに把握しておくと職探しに役立ちます。

精神的に楽な仕事の特徴をいくつかピックアップします。

ノルマがない

ノルマとは、自分自身が決めた目標ではなく、企業から一方的に示された基準のことです。

言い換えれば、社員を精神面で追い込むことで、一定以上の成績を出させることを目的とした仕組みです。

人によってはノルマが相当な負担となり、精神的に辛くなってしまうことがあります。

特に日本人は穏やかで競争意識が低い人も多いため、ノルマに苦しめられてる人も少なくありません。

厳しいノルマがある仕事より、ノルマがない仕事の方が精神的なストレスが軽減されると言えるでしょう。

人間関係が濃すぎない

仕事の悩みの大半が人間関係に起因していると言っても過言ではないほど、職場における人間関係は精神面を左右します。

特に近年は仕事上の付き合いよりプライベートを優先させる人が多いことから、職場の人とは一定の距離を置いて接することを気楽さと考える風潮にあります。

かといって、完全に一人だと孤独さを感じたり、困ったときに頼れないことがストレスになったりする人もいるため、つかず離れずの人間関係が精神的に楽だと言えます。

ただし、人間関係は実際に入社してみないとわからない部分も多いため、入社前から把握するのは難しいかもしれません。

残業や休日出勤がない

毎日の残業や休日出勤が生じると、体が疲れるのはもちろん、それと連動して精神的にも辛くなっていきます。

残業や休日出勤が日常的になると常に仕事上の緊張感にさらされた状態になり、ストレスを発散する余裕もなくなります。

残業が多い、休日出勤が当たり前というだけで、精神的に追い詰められやすくなる環境と言えるでしょう。

毎日早く帰ることができ、休日をしっかり休むことができれば、気持ちに余裕が生まれますので精神的に楽になります。

ルーティン作業が多い

覚えることが多い仕事だと、なかなか覚えられない自分に対するイライラや逐一周囲に聞くことにストレスを感じます。

臨機応変に対応しなくてはならない仕事だと、その場その場で考えることに負担を感じることがあります。

その点、覚えることがさほど多くなく、ルーティン作業がメインの仕事は、仕事に慣れるまでがスムーズで、日々頭を使わずに済むため気楽です。

精神的に楽と言われる主な仕事

続いて精神的に楽と言われることの多い仕事を紹介します。

上記であげた楽な仕事の特徴を踏まえて、自身がどういった仕事が向いてそうか考えてみてください。

工場のライン作業

工場のライン作業は黙々と目の前の作業に没頭すればおのずと基準の作業量に到達するため、営業の契約ノルマのようなプレッシャーがありません。

人とのコミュニケーション機会が多くない仕事なので、人間関係のストレスも少ないもも魅力です。

警備員

警備員は一人での巡回や監視を担当することが多く、自分のペースで仕事ができるため、精神的に楽だと感じる人が多いです。

特にオフィスビルや新築マンションのように利用者が限られている施設では目立ったトラブルが少ない傾向にあります。

大きなトラブルも滅多に起きませんし、何ごともなく1日を終えることも珍しくありません。

ルート配送

一定のルートを元に、毎回同じ企業や店舗に配送するルート配送の仕事は、同じルートや作業を繰り返す仕事なので精神的に楽です。

基本的に一人での作業が多く、人に気を使うことが少ないですし、突発的な作業も発生しにくい傾向にあります。

一度仕事さえ覚えてしまえばあとはルーティン作業のみですので、比較的楽な部類と言えるでしょう。

マンション管理人

マンション管理人も、基本的に一人での作業がほとんどで、特にノルマもありませんので、気楽に働ける仕事です。

残業はほぼなく、きっちり定時で帰ることができますので、平日の夜を自分の好きな時間に使うこともできます。

タクシー運転手

個人事業主のような側面が強く、自分の裁量で仕事ができるのが、タクシー運転手です。

お客さんと話をすることが嫌いでなければ、マイペースで楽しく仕事ができると言えるでしょう。

酔客に絡まれて大変な思いをすることもありますが、一定の人生経験がある人であれば、軽くいなす術を身に付けており、それほどストレスを感じずに済むことが多いようです。

事務員

事務員はノルマがありませんし、接客機会も少ないため、ストレスが少なめです。

緊急性の高い仕事が少なく自分でペース配分を考えることもできます。

定時帰りも叶いやすく、プライベートを充実させやすいことから、気楽に感じる人が多い傾向にあります。

自分に合った楽な仕事を探す方法

自分に合った精神的に楽な仕事を探すには、これまでの仕事経験や性格の分析から、何をしたら自分は精神的にストレスになるのかを考えることが大切です。

たとえば、人間関係でストレスを感じやすい人なら対人業務は避け、一人で取り組める仕事が良いでしょう。

反対に、人と話している方が気楽だと思うなら、接客業を中心に選ぶことで天職に巡り合えるかもしれません。

適性がよく分からないという人は、適性診断や転職エージェントのキャリア面談を受けるなどし、自分に合った仕事の傾向を把握するようにしましょう。

転職のアドバイスだけでなく、非公開求人も多く取り扱ってますので表には出回っていない魅力的な求人にも出会えます。

まとめ

自分にとってどんな仕事が精神的に楽なのかを考え、具体的な行動に移すことで、精神的に楽な仕事の正社員で働くことは十分可能です。

「精神的に楽な仕事なんてないよ。」と言っていても、いつになっても精神的な辛さから逃れることはできません。

転職エージェントや転職サイトで仕事を探すところから始めてみましょう。

-楽な仕事

Copyright© 楽でゆるい仕事のススメ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.